人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲取越  まとめ ザック   

続き


ザック
今回オスプレーのジーニス75を導入
以前はイーサー60でした
容量に不満があったわけではなく、イーサーが古くなったから

正直、まだつかえたとは思うんやけど、数年前、北穂のテン場で結構使い込んだオスプレーのケストレルが破損
ショルダーハーネスが切れた
これ、正直言って目の前が真っ暗になります
出発前に検査しても発見できるかどうか疑問だし
なので、それなりに使い込んで古くなったザックは買い換えるようにしてます
奥駆の最中にザックが破損なんて洒落にならんので・・・・

昔のザックを長く使い続けてる人がいてますが、手入れはもちろんでしょうが、昔のザックって強いんかも
確かに大昔に使ってたキスリングなんて、20年くらい平気で使えそうだし
ま、昔のザックに関してはあまり詳しくないけど、今のザックはすごい軽量ザックでなくてもかなり軽量化されてると思う
生地とか薄いし、プラパーツ多いし
なので、それなりの期間で買い換えるのが正解かと、個人的には思ってます

んで、ジーニスを選んだ理由


More

by kumonotaira | 2019-05-28 23:54 | | Comments(0)

大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲取越  まとめ テント編   

ちょっと時間があきましたが
いろいろ書きたいことありまして

結論としては奥駆+中辺路で過去最長の7日間歩いたので成功といいたいところですが
気分的には負けた感が強い
まず、荷物が重くて(水抜き22kg)縦走中はずっとエスケープのことを考えていた

ま、結果的に7日間かついで歩いたわけですから水抜き22kg(焼酎1kgも抜いて)、
おそらく最も重いときで25kgちょいを担いで歩けてる
とはいえ、アタクシは担いで気分よく歩けるのは水込み20kgまでなんじゃないかなと思った

なので、いくら長い縦走でも20kg、水抜き17~18kgを越えないように考えていきたい
修行じゃないので

さて今回、奥駆のために導入した大きな新装備は2つ、テントとザック



たぶん長くなります


More

by kumonotaira | 2019-05-27 00:16 | | Comments(0)

謝罪の王様   

クドカン&阿部サダヲの映画
よくあるやつです(笑)

2013年なので結構前の映画ですね

録画したもののなんか見る気がしなくて、ようやく見ました
予想通り?まぁ面白いけどくだらん映画でした
お金払って見る気はしないかな

阿部サダヲが謝罪やさんをやってて、その中でいくつかのストーリーがあり、
そのストーリーが実はほぼ同時進行で進んでた
という感じの映画

同時進行で進める意味は全くなく
(同時進行であるが故のストーリーの変化とか動き、というものは皆無なので)
映画のちょっとしたスパイスにしたかったんだろうな、という感じ

一個目のストーリーの依頼者であり、以後、助手として働く女性
栗山千秋やと思ってみてたんやけど、井上真央やったそうで
いや~、意外

あと、ちょい役に広瀬すずが出てたのにびっくり
デビューに近い頃なんじゃないでしょうかね

そのくらいかな


by kumonotaira | 2019-05-26 23:13 | さ行 | Comments(0)

大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲取越(7)   

快適な場所で寝た
と思っていたが、なんか熟睡しにくかった
東屋の地面部分が石畳ぽい感じで冷えた?
よくわからんが、今までで一番フラットな地面だったと思うが、今まででいちばん眠りが浅かったように感じた

本当は昨日、小口を越えて大雲取越に入りたかってんけど、疲れ果てて小口の集落まで1時間のところで幕営
なので、この日は早起き
4時に起きて4時50分出発

良い天気
e0171018_22184724.jpg


More

by kumonotaira | 2019-05-10 23:25 | | Comments(0)

大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲取越(6)   

おきる
奥駆は今日でおしまい
ここまできたら完全に奥駆の踏破(意味的に合ってる?)が見えてくる
よっぽどのことがない限り、大丈夫

5時半出発
最後の強敵、五大尊岳をクリアして先へ進む
五大尊岳の水場はテント適地の金剛多和から2~3分進んで分岐を5分ほど下ったところ
小川みたいな感じで水量は多い
ここを上手に使ったら大森山とかラクになりますね

川はかくれて見えないが、きれい
2回目にだというのに、やっぱり感慨深い

e0171018_23135786.jpg


More

by kumonotaira | 2019-05-09 23:57 | | Comments(0)

大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲取越(5)   

5日目
今日はどこまで進もう?
周りの人たちと話すと、玉置神社って言う人が多かった
ちとルートから外れるけど、駐車場の売店で買い物して夜を楽しむんだとか

それもかなり魅力やったけど、玉置神社はなぁ。。。近すぎる

それに、5日間で本宮は無理でも6日目の午前中に本宮に着けば、昼から熊野古道に入れるし
ってことで、本日も黙々と歩きます

そう、今年は休みが長いせいか関東からきてる人が多くて
せっかく来たからか?那智まで歩く予定の人が多かった

なので、人が多いと興ざめなので那智はやめで小辺路で高野山
ってな考えが有力になってきた
でも、奥駆で一日押してるのに小辺路??行ける??

なんてことを考えながら笠捨山に挑む
朝からここはしんどいんだよな

5時45分 行仙ノ宿、出発


More

by kumonotaira | 2019-05-09 23:06 | | Comments(0)

大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲取越(4)   

深仙で幕営したために5日間での奥駆縦走が厳しくなってしまった
が、まだ望みはあるかな?
ってことで、この日に頑張って巻き返そうと

以前に5日間で縦走したときは、4日目の幕営地は塔ノ谷峠周辺だったと記憶している
そこまでいければ・・・・・
ちと気合入れて早起き
6時20分ごろ、テン場出発

ちなみに例のおっさんたち
一人がエスケープしようとしてるらしく、他の人を巻き込んで下山後に車に乗せてもらうだのどうのこうの話してる
まず自分たちでなんとかしようとして、その後に他人が出てくるのが普通なんやけど
この人たちはまず他人に依存しようとしてる感が前面に出てるんだよな
てか、おっさんおばさんのパーティーの一部の人はこういう傾向にあるように感じる
こういうところが嫌いなんだよなぁ
登山パーティーって言うよりも、他人に依存してる集団っていう感じ


ま、詳しくはわからんのでなんとも言えませんが・・・・









More

by kumonotaira | 2019-05-07 23:44 | | Comments(0)

大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲取越(3)   

夜は結構な雨だった
木の下に幕営してたので、純粋な雨粒なのか木の滴だったのかは定かではない

風は結構強く、フライの下からテント本体に雨が当たり、ファスナーの辺りから少々浸水してた
とはいえ、シングルウォールのハイライトで鍛えられた?ので、多少浸水しようとも全く気にならん
テント内の荷物も一応防水してるし
ただこの雨風、ダブルウォール持ってきて正解やったと心から思った

9時ごろになると雨も収まるという予報やったので、2度寝
のんびりして8時半ごろ出発
この時点でもまだエスケープしたい気持ちでいっぱいだった
なんせ今日の行程、かなり危険な崩落地帯を歩くのである
あんな場所、雨の中歩きたくない

なんてことを考えつつもエスケープする決定的な理由も出来事もないので、なんとなく歩き始める
e0171018_22444877.jpg
9時ごろ、八経ヶ岳 風強く、寒い
雨はほぼ降ってない


More

by kumonotaira | 2019-05-06 23:40 | | Comments(0)

大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲取越(2)   

小笹の宿、6時半ごろ出発
阿弥陀ヶ森の女人結界門を出るまでの間の道の倒木が一段とひどくなってる
去年くらいに大きな台風とか来たっけな?
この状態では夜にヘッデン歩行とかは出来そうにない
覚えておこう

この日はほぼ何も写真を撮っていない
荷物の重さに苦しみながら、
弥山でエスケープしようか?
前鬼に下りようか?
足痛いしもうやめようか?
なんてことばかり考えながら、ただ漠然と一歩一歩前へ足を出すだけの一日だった





More

by kumonotaira | 2019-05-06 22:32 | | Comments(0)

大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲取越(1)   

草津に引っ越してからはじめての奥駆
前日に吉野に入って駅で寝るとか考えるけど、やっぱり朝発に

吉野着の始発を調べると、5時33分草津
朝のタクシーはイマイチ信用できないらしいので駅まで3km歩くことに
余裕を持って4時半に家を出発
てことは3時半起床?
なかなかハードな朝

吉野着は8時22分
トイレ等済ませて、ケーブルには乗らずバス2本乗り継いで奥千本
今年はとにかく人が多い気がする
GWが長いせいかな

e0171018_21390523.jpg



More

by kumonotaira | 2019-05-06 22:02 | | Comments(0)