人気ブログランキング |

カテゴリ:山( 138 )   

扇沢~読売新道~三俣~双六~新穂高 まとめ   

さて、今回のメインテーマ
荷物軽いと読売新道もラク??

結論、読売新道ラクです
ただ、黒部源流のくだりは相変わらずきついです
次回行くときは(行くのか?)鷲羽登って三俣に向かおうかな?

やっぱり読売新道は下る気にはならんね
ただ、体力に余裕あるときに水晶~赤牛は歩いてみたい

で、ザック
アタクシ小物を外付けとか好きなので、こういうザックは使いやすい
フロントメッシュポケットにものをいっぱい詰め込んで・・・・
不細工やけど使いやすい

e0171018_23221151.jpg


More

by kumonotaira | 2019-08-15 23:51 | | Comments(0)

扇沢~読売新道~三俣~双六~新穂高 (3)   

天候の問題もあり、その他もろもろ
3泊4日の装備で来たものの、3日で下山することにした
当初は裏銀を烏帽子までいって翌日下山しようかと
それ以外は、もう一日延ばして以前と同じ針の木雪渓とか
車の回収を考えて、西鎌~東鎌~で中房温泉

でも結論は、三俣から最速での下山=新穂高
新穂高のバス事情も体験したかったからね

新穂高からのバスは松本まで直通か平湯経由で松本か
信濃大町で車回収することを考えると、最終新穂高16時55分のバス
余裕見て15時ごろには新穂高に下山したい
さて三俣から新穂高はCTは9時間弱やったかな?
じゃー6時発で何とかなるかな?ってことで目覚ましかけずに就寝

周りが騒がしくなって4時45分起床
トイレは小屋にしかなくて、小屋は進行方向から逆向きに10分弱
それも面倒やったんで、食事はレーションで済ますとしてチャチャっと支度して5時過ぎ出発

e0171018_22355244.jpg
鷲羽って眺めるときれい


More

by kumonotaira | 2019-08-15 23:21 | | Comments(0)

扇沢~読売新道~三俣~双六~新穂高 (2)   



前日は近くのテントの方と談笑
普通の格好の登山客が張り始めたテントがストックシェルター!
正式にはトレイルシェルターらしいけど、なんせビックリ!
興味津々でいろいろ話しました
200gちょっとだそう
それは・・・・確かに魅力だな

今回アタクシはトレックライズ0
スカイスケープトレッカーは非自立でこの行程で使うにはまだ抵抗あるし(雨はともかく風には強い??)
ハイライトは重さ、設営時間、機能、すべてにおいてトレックライズ0に劣る
やっぱり数日の縦走は信頼感が重要かな?と今回は思った
(開放感、気持ち良さは比較にならんけど)



e0171018_19010461.jpg
赤く染まる薬師


More

by kumonotaira | 2019-08-15 20:16 | | Comments(0)

扇沢~読売新道~三俣~双六~新穂高 (1)   

さて、朝イチバスで扇沢に移動(バスも空いてて余裕で乗れる)
切符売り場の列がすでにえぐい
でも今日は奥黒部ヒュッテまでなので、余裕
2便7時の便にギリギリ乗れました

さて、行こう!!
e0171018_18134331.jpg
ピークにあまりこだわりのないアタクシですが、赤牛だけは別
ダムから赤牛を眺めると・・・・興奮します マジで

って、これ、赤牛で合ってる?
間違ってたら恥ずかしい・・・・


More

by kumonotaira | 2019-08-15 18:43 | | Comments(0)

扇沢~読売新道~三俣~双六~新穂高 (0)   

お盆の縦走
今年こそは南アルプス!
北アの混雑はもういやだ
いや、八ヶ岳の全山も魅力的

なんて思っていたけど、仕事に追われてなんも準備できてない
そうなると。。。。。勝手知ったる北アになってしまうのが自然の流れか・・・・

盆休み初日にチャチャっと準備して
行き先は、久しぶりの読売新道やな
荷物を軽量化したら楽に登れるのか??
その辺りが知りたい


e0171018_18123394.jpg
読売新道上部から黒部ダムを眺める


More

by kumonotaira | 2019-08-15 18:09 | | Comments(0)

大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲取越  まとめ    

完全にどんな山行やったか忘れかけてる・・・・・
なんとなく思い出しながら書いていこうか
書かないと次回の参考にならんしな

ザックのところにも書いたけど、とにかくデカザック以外で奥駆する方法を考えたい
今の奥駆をデカザックで歩くのはストレスがでかい
38Lのケストレルに最初のうちは食料とか外付け
無理なら雨蓋外して
それで軽量化して4日で奥駆できんかな?
初日、電車で最速で行くと8時半吉野
それで夕方なんとか小笹着
でも以前は8時吉野で18時に伯母谷覗きに着いてんからな
前日吉野着のビバークとか、可能性はあるような気がする

インサレーション
特に寒いときじゃなかったらキャプ4上下で何とかならんかな
今回は何とかなったと思う
ただ、キャプ4上下+カッパで夜を過ごそうと思っても、今回みたいに雨の行動やったら
カッパがどろどろでとても夜着る訳にはいかんし

一応マイクロパフ持って行ったが、やはりあると安心
ただ、必需品?と聞かれると省ける気もする



More

by kumonotaira | 2019-06-09 19:04 | | Comments(0)

大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲取越  まとめ ザック   

続き


ザック
今回オスプレーのジーニス75を導入
以前はイーサー60でした
容量に不満があったわけではなく、イーサーが古くなったから

正直、まだつかえたとは思うんやけど、数年前、北穂のテン場で結構使い込んだオスプレーのケストレルが破損
ショルダーハーネスが切れた
これ、正直言って目の前が真っ暗になります
出発前に検査しても発見できるかどうか疑問だし
なので、それなりに使い込んで古くなったザックは買い換えるようにしてます
奥駆の最中にザックが破損なんて洒落にならんので・・・・

昔のザックを長く使い続けてる人がいてますが、手入れはもちろんでしょうが、昔のザックって強いんかも
確かに大昔に使ってたキスリングなんて、20年くらい平気で使えそうだし
ま、昔のザックに関してはあまり詳しくないけど、今のザックはすごい軽量ザックでなくてもかなり軽量化されてると思う
生地とか薄いし、プラパーツ多いし
なので、それなりの期間で買い換えるのが正解かと、個人的には思ってます

んで、ジーニスを選んだ理由


More

by kumonotaira | 2019-05-28 23:54 | | Comments(0)

大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲取越  まとめ テント編   

ちょっと時間があきましたが
いろいろ書きたいことありまして

結論としては奥駆+中辺路で過去最長の7日間歩いたので成功といいたいところですが
気分的には負けた感が強い
まず、荷物が重くて(水抜き22kg)縦走中はずっとエスケープのことを考えていた

ま、結果的に7日間かついで歩いたわけですから水抜き22kg(焼酎1kgも抜いて)、
おそらく最も重いときで25kgちょいを担いで歩けてる
とはいえ、アタクシは担いで気分よく歩けるのは水込み20kgまでなんじゃないかなと思った

なので、いくら長い縦走でも20kg、水抜き17~18kgを越えないように考えていきたい
修行じゃないので

さて今回、奥駆のために導入した大きな新装備は2つ、テントとザック



たぶん長くなります


More

by kumonotaira | 2019-05-27 00:16 | | Comments(0)

大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲取越(7)   

快適な場所で寝た
と思っていたが、なんか熟睡しにくかった
東屋の地面部分が石畳ぽい感じで冷えた?
よくわからんが、今までで一番フラットな地面だったと思うが、今まででいちばん眠りが浅かったように感じた

本当は昨日、小口を越えて大雲取越に入りたかってんけど、疲れ果てて小口の集落まで1時間のところで幕営
なので、この日は早起き
4時に起きて4時50分出発

良い天気
e0171018_22184724.jpg


More

by kumonotaira | 2019-05-10 23:25 | | Comments(0)

大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲取越(6)   

おきる
奥駆は今日でおしまい
ここまできたら完全に奥駆の踏破(意味的に合ってる?)が見えてくる
よっぽどのことがない限り、大丈夫

5時半出発
最後の強敵、五大尊岳をクリアして先へ進む
五大尊岳の水場はテント適地の金剛多和から2~3分進んで分岐を5分ほど下ったところ
小川みたいな感じで水量は多い
ここを上手に使ったら大森山とかラクになりますね

川はかくれて見えないが、きれい
2回目にだというのに、やっぱり感慨深い

e0171018_23135786.jpg


More

by kumonotaira | 2019-05-09 23:57 | | Comments(0)