人気ブログランキング |

DVD 貼り付け   

いつもの貼り付け日記


青と白で水色 (シナリオ登竜門2001)
大停電の夜に
キルビル vol1
きみにしか聞こえない
模倣犯



神童
あしたの私の作り方
アヒルと鴨のコインロッカー
サッドバケーション
花とアリス



いつものDVD日記です


・青と白で水色 (シナリオ登竜門2001)
シナリオ登竜門、よく知りませんがテレビで毎年やってるんでしょかね?
45分くらいのドラマです
宮崎あおいがいじめられっこで蒼井優がいじめっ子役
宮崎あおいがいじめを苦に飛び降り自殺しようとして屋上の鍵を必死に開けようとする
それを手助けっていうか見守ってるっていうかの役を小栗旬
先生役に小西真奈美が出てます
おそらくみんな無名の頃なんでしょね
先生役の小西真奈美の設定がかなり変わってて興味を引きました
あと、昔の蒼井優ってけっこう不良役とか派手な役が多かった気がします
それもよく似合ってるのが不思議


・大停電の夜に
これ、良い映画でした
地味な話やし、たいして盛り上がりも感じられなかったけども、見終わって、ほんわかと「良い映画やったなぁ~」って思いました
クリスマスイブの夜、朝まで一晩中東京が大停電に見舞われて、そのときに誰と過ごしますか?みたいな感じの話
いくつかの話が同時進行で進んでいき、ある話同士は交わったり、ある話は交わらなかったり、交わってるけど本人は気付かなかったり
ずっと記憶に残る映画っていう感じやないかな
でも、良い映画やったなぁ~とほんのりと思える映画でした


・キルビル vol1
前に1回観た映画
栗山千明がくさり鎌と鉄球みたいなんを合わせたような武器を振り回すシーンが好きで、それ観たさにまた借りました(笑)
元々キルビルは3部作の予定やったみたいですが、この第一部が長くなりすぎて2話に分かれてしまい、そのせいで3部作に出来なくなったということらしい

てか、キルビルってすげえ題名やなぁと思います
「KILL BILL」 
BILLに復習する話やし、そのまま(笑)


・きみにしか聞こえない
成海璃子と小出恵介を観たくて借りた映画
これ、設定は少しひねってますが、大元のストーリーはめちゃめちゃベタです
僕はあんまり先のストーリーを読んだりしない人ですが、この映画は読め読めでした
が、だからといってつまらない映画ではなかったです
てか、めちゃめちゃ感動しました
こんなに泣いたのは久しぶり
な気がする
ひねりまくった話よりもベタな話のほうが感情移入しやすいこともあるやろうけども、この主演の2人が良かったのかなぁ
成海璃子は元々演技面でけっこう話題やったけども、もっと見てみたいと思った女優さんでした
てなことで、この年の成海璃子3作を借りて見てみようと思ってます
てか最近好きな女優さんの蒼井優と成海璃子
2人ともハチミツとクローバーではぐちゃん役してるんよね
映画とドラマで

ま、それだけですが(笑)


あと、エンディングにドリカムの主題歌が流れますが、
あれ、必要??って思った


・模倣犯
スマップの中居君主役で宮部みゆき原作の映画
宮部みゆき原作やから気にはなっててんけども、なんか借りる気がしなくって・・・・・
つまらなそうやし(笑)
でも借りちゃった・・・・・
てことは、このレンタルビデオショップに借りたいモンが無くなりつつあるってことですな(笑)
で、観てみました
最初のほうは「なかなか面白い!」
って思ってましたが、途中から話が一気に進みすぎて最後はほんとに
「は?????」
て感じでした
ある意味予想通り(笑)
最終的に犯人を特定する部分が雑過ぎってか、テキトーに描き過ぎってか
もしかしたら映画の製作者は僕が思ってるようなことを描きたかったわけじゃないかもしれんけども、ま、正直、つまらない映画でした
でも、原作を読んでみたい!!
って思いました
原作は面白そうな気がする



いつもの日記です

・神童
前回の日記で「観る~」と言ってた、成海璃子の3部作?のうちの1つ
3つの中で最初の作品のようです
ピアノの天才少女とピアノの才能がイマイチの音大生(松山ケンイチ)の話
ストーリーとしてはどってことないと思った
けど、ピアノの作品やから音楽がいっぱい溢れてて良かったかな
よく考えながら観ると矛盾点みたいなんが結構目立つので、何も考えないで軽い感じで「漫画」と思って観ると楽しい
あと、成海璃子の表情を見て「怪演!」という言葉が浮かんだ
別に変なわけでもないし、褒め言葉として使ってるわけやけど、名演技というよりは「怪演」のほうがしっくり来た気がした
けっこう気に入った映画です


・あしたの私のつくり方
第2作目です
この中で成海璃子は小学生、中学生、高校生と演じてるんやけど、大人っぽいはっきりとした顔立ちやからか、小学生の役はちょっと無理があったかな
ま、そんなことは別にいいとして
ストーリーってか内容はけっこう考えさせられる内容
もう社会人になって学生生活からは離れてるけども、この映画、学生時代に見たらもっとイロイロと考えただろうと思う
ただ、ちょっと道徳の時間?っぽい内容だから学生時代に見てたら素直に心に入ってこなかったかな
面白い映画って言うよりは、いい映画かな


・アヒルと鴨のコインロッカー
これ、作品の予告を見ました
書店に強盗に入って、広辞苑を盗む話だと
コメディー映画やと思いました
そして、題名を見てコメディー映画やと思いました
そして、映画を見始めてやっぱりコメディー映画やと思いました
そして、映画も半分くらい過ぎた頃、1つの嘘が明らかにされました
そっから、コメディーと思ってた裏に隠されたすごく切ない話が明らかにされていきます
それからはただひたすら、切ないです
見終わって、もう一回見たい!と思いました
出演者は決して多くないけど、みんないい味出してました
どっかのサイトでレビューとかを見たりすると、
原作がいい映画はこぞって「原作の良さが活かされてない」と批判されてるけども、この映画はけっこう原作の良さが活きてると評価されてました
僕は原作は知らないけども診てみてなるほどと思う映画でした
原作を読みたいなぁと思ったりします


・サッドバケーション
面白そう!
って思って借りたけど、どーもなんかの映画の続きのような気がする
と思って調べてみたら、やっぱりなんかの続きみたい
てなことで、見るのんやめました



・花とアリス
この映画、もう何回も借りてます
大好きな映画
でも、多分これは男が見る映画じゃないんやろうなぁと思う
内容もさることながら、映像も少女趣味っぽいような気もするし
元々、キットカットのCMとタイアップしてWEBで公開されてたショートムービーらしい
そーいや、桜並木の中で桜の花びらをぶつけ合うシーンをCMで見たことあるかも
なので、全体としてのストーリーは当然あるもののショーとムービーの寄せ集めが元となってるからか、不必要に思えるシーンも多く、映画全体としても2時間を超えてる
その割にはたいしたストーリーじゃないので、けっこう退屈です
撮り方もイメージビデオっぽいし
最初見たときは蒼井優がオーディションでバレエを踊ってるシーンくらいしか記憶に残らないかも
ただ、このシーンはすごいキレイ

ただ、数回観て、今思うことは、映画全体としてはけっこう間延びして長ったらしいけども、逆に映画の2時間全体が名場面集のような良いシーンばっかり
すべてのチャプターがそれぞれすごく良いシーンです
良いってか、感動するシーンやったり、面白かったり、とにかくなんしかすべてのシーンが記憶に残ります
無駄だと思われた仕草のひとつひとつが後のシーンで意味があったり(よく見てないとわかんないけど)
そんなことで、大好きな映画です
ちょっと時間が出来たから、10分だけ見よう
てなことができる映画

鈴木杏が主役、蒼井優と先輩の男の人が準主役で、全編を通してこの3人しかほとんど出てこないような映画ですが、蒼井優の演技がひかりまくってる作品
でも、鈴木杏も随所に光ってます
この2人の会話が演技ってよりも日常会話的ですげえ面白い
テレビの有名人の話よりも友達同士で喋ってる話のほうが面白い!
ような感じで笑えます

あと、関係ないけども木村多江がちょい役やけども明るい役なのが笑える(笑)

とにかくこの映画はめちゃめちゃ名作!
蒼井優の演技のすごさはこの映画に集約されてる
といっても過言やないような気がする
とは思うんやけども、
この日記を読んでる人で僕と同じような感想をもつ人はほとんどいてないような気がする
ってのも正直なところです(笑)

by kumonotaira | 2009-03-15 22:56 | DVD 映画 ドラマ  以前のやつ | Comments(0)

<< サントリーカップ DVD 貼り付け >>