人気ブログランキング |

大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲取越  まとめ テント編   

ちょっと時間があきましたが
いろいろ書きたいことありまして

結論としては奥駆+中辺路で過去最長の7日間歩いたので成功といいたいところですが
気分的には負けた感が強い
まず、荷物が重くて(水抜き22kg)縦走中はずっとエスケープのことを考えていた

ま、結果的に7日間かついで歩いたわけですから水抜き22kg(焼酎1kgも抜いて)、
おそらく最も重いときで25kgちょいを担いで歩けてる
とはいえ、アタクシは担いで気分よく歩けるのは水込み20kgまでなんじゃないかなと思った

なので、いくら長い縦走でも20kg、水抜き17~18kgを越えないように考えていきたい
修行じゃないので

さて今回、奥駆のために導入した大きな新装備は2つ、テントとザック



たぶん長くなります




まずテント

ステラ2、BDハイライト、メスナーテント、ヒルバーグソウロ
と今までに4つテントを所有したものの
ハイライト以外はすべて売却した

理由は、ステラとメスナーは使わないし、ソウロは意外と面倒だから

ただ、残ったハイライトはめちゃめちゃ気に入ってるねんけど究極に雨に弱い
他の人の話を聞いてもそこまで弱くないみたいねんけど、アタクシのハイライトはとにかく雨に弱い
雨が降るときにはテント内で笠とカッパは必需品っていう感じ
ま、テント内での雨対策をしっかりとすれば問題ないねんけど、今回は7~8日の長丁場
何日も雨対策をして夜で過ごすのも辛いし、雨対策の装備の重量もバカにならん

やったら、割り切って国産のダブルウォールを導入したらいいんでない?
魅力は皆無に等しいが、信頼は抜群だし
基本的には今回奥駆が終わったらまた売る前提で

ってことで、国産ダブルウォールの購入を決意
以前のステラがスリーブ式で面倒やったんで吊り下げで検討

新しいステラが発売されたばっかりで、第一候補やってんけど
発売したてで、欲しかった色がまだデリバリー始まってないみたい
定価で欲しくない色を買うのはイヤなので、ステラは却下

次はプロモンテ
値引きも大きくて軽くて良かったんやが、リセールバリューを考えるとイマイチなぁ
入り口の網戸が小さいってのもマイナス点

ほんとはメスナーの新型が出たらそれが良いねんけど、サラエボの販売終了から数年、未だに新型の発売はナシ

じゃースリーブ式??
エスパースは、売却前提で買うにはちと高い
ファイントラックのやつも高い

旧型のステラならスリーブ式で安く手に入るけど(メルカリで)、新型出た上での旧型はリセールバリューがねぇ
ってことで、じゃーアライ?
でもアライってほんと、興味湧かないんだよな
エアライズが短辺出入り口で、トレックライズが長辺出入り口ってのもこのとき知ったくらい

で、面倒になって何でも良いや・・・・・
て思ってたらシームコート済みで未使用のトレックライズ0がメルカリに出た
未使用なら程度も気にしないで良いし、なんせシームコート済みってのがありがたい
で、28000円
トレックライズ0は究極の一人用とかで奥行きが80cmしかない
この辺りがネックとなって値段が安かったみたいやけど、アタクシはまぁ、すぐに売るつもりなんでその辺は妥協できる
で、なんせ安い
ということで、即決

さて、長くなりましたがトレックライズ0の感想

素晴らしい!
スリーブ式だが、以前所有のステラと違ってスリーブの一方が袋小路になってるのでまぁ設営がラク
正直、インナーポールでシングルのハイライトよりも早いかもしんない
インナーポールって意外と時間食うのよね
とはいえ、徹営はそれなりに時間食うけど、全然許容範囲
テントの袋がキツキツじゃないからラクなんだろうな

フライの下から風を巻き込んでジッパー辺りから浸水したけど、
シングル使ってた人からしたらそんなもん浸水のうちに入らんレベル

夜は結構な雨が降ったりした日もあったけど、全く問題なしで朝まで爆睡出来ました
いや~、ダブルウォール恐るべし!!

んで、狭さ

正直、初日は狭さに面食らった
さてこのスペースでどうやって過ごそう??
でも、なんとなくコツをつかんで、2日目にそれを実行
なんだ、全く問題ない
てか、普通に快適

75Lのザックも含めてテント内に入れて快適に過ごせます
快適か否かは人にもよるんだろうけど、アタクシにとっては中途半端にスペースがあるよりもこの広さのほうが快適でした
いくら狭いって言っても靴も水も前室に出せるし、結露もほぼしないからテントの壁にいろんなもんが触れても問題ない

が、真夏とか暑いときには一気に不快指数が上がりそうですけどね

前室が狭いとか言われていて、確かに狭い
でもシングルには前室はないねんし、それと比べたらいくら狭くてもあるだけありがたい
どろどろの靴も室内に入れなくて良いし


それに狭いがゆえのメリットが大きかった
狭い=設営面積が小さくて済むってことだし(例外もあるけど)

奥駆ではテント場以外にテントをはることも多々あり、今回も樹林帯の木々の間の小さな平地に張ったこともあった

e0171018_23473142.jpg
e0171018_23032027.jpg
2枚目、わかりにくいだろうけど、これソウロやったらここに張ろうと思えない場所やったし
国産DWだと奥行き130でこのテントよりも50cmデカイ
そう考えると、張るのは張れてもいろいろ張りにくかったんじゃないかと思う

それに昨今のすごい混雑する北アのテン場とかでも
設営面積が小さく、さらに自立するってのはかなりの武器になるんじゃないかと思った
実際、去年の大天井のテン場でソウロ張ったときも、正直ちょっと顰蹙っていう感じやったし


てなことで、即売却前提で購入したトレックライズ0
意外と気に入ったのでもう少し所有して使おうかなと思っております
こんなに設営がラクなら、設営の早さという意味でシングルを使う意味はない
あんなに設営が面倒やったスリーブ式も一方が袋小路になるだけでこんなにラクになるとはね

ただ、やっぱり国産DWってテンション上がらないんだよなぁ
究極に高性能で便利な道具っていう感じで
シングルとか非自立とかにある使用することが楽しみっていう感じはないんだよな
やっぱり不便なほうが楽しいんだろうか??

あのハイライトのわけのわからんほどの開放感
あれはやっぱり素晴らしい

ただ、スリーブ式が面倒じゃないんだったら、ヒルバーグのウナが欲しくなってくる(笑)
ハイライトのような開放感
普段はフライだけでシェルターのように使って、雨の日とかはインナーも使う

ん~、物欲がぁ・・・・・


やっぱり長くなったので、ここはテントオンリーにして、ザックを含めたその他は別の日記にします

by kumonotaira | 2019-05-27 00:16 | | Comments(0)

<< 大峰奥駆道 + 小雲取越、大雲... 謝罪の王様 >>