燕~常念~蝶 (2)   

目覚ましかけるの忘れて就寝
でもいい感じの3時半に目が覚めて起床
この日はしっかり朝メシ食って出発!

さぁ、昨日の続きの気持ちいい稜線歩きだ!!
e0171018_13203619.jpg






テン場から数分、こんな場所

e0171018_13235076.jpg
そして
e0171018_13251902.jpg
e0171018_13260142.jpg
e0171018_13261812.jpg
e0171018_13270463.jpg
e0171018_13272047.jpg
e0171018_13281248.jpg
e0171018_13284038.jpg
e0171018_13290412.jpg
最高ですね
そしてこれがこの日のメインです(笑)

気持ちのいい山歩き
CTがおかしいみたいで、CT3時間のところ1時間半ちょっとで常念の小屋に到着
ここで水を購入すればよかったのに・・・・ミスです

常念から蝶までも今までと同様、気持ちのいい稜線歩きと思ってましたが・・・・
常念の登り、3~40分かな?と思って登り始めるが、結構きつい
それでも、30分ちょっとでピークへ
と思ったら、完全なる偽ピークでかなり向こうに本当のピーク
結局へろへろになりピーク着
とおもいきや、ピーク手前10mほどで大渋滞
10分弱全く動きません

頑張って常念のピークに来たからゆっくりしたいんだろうなぁ
とは思うけど、下に大勢並んで待ってるねんからねぇ

こんな状況なんでピークは当然のようにスルーして先へ進みます
その後、まさかの激下り
アップダウンを繰り返しながら一番下まで下ると、蝶槍へ向けて激登り
e0171018_17001876.jpg
e0171018_17005354.jpg
蝶槍からは緩やかなアップダウンで蝶ヶ岳の小屋
常念から蝶がものすごくしんどかったですね
e0171018_16380184.jpg
右から、
槍~中岳から南岳の稜線~大キレット~北穂~涸沢岳~奥穂~吊尾根~前穂
槍~穂高が丸見え

こんな景色があるにもかかわらず、しんどい記憶しかない(笑)

蝶ヶ岳に到着後、まだ時間があるからこの日のうちに下山することにして
長塀尾根で下山
またこの尾根がつらい。。。。

なんちゅうか、歩いても歩いても高度が全然下がっていかない印象
横尾から登ってる尾根(名前はしらない)を去年登ったけど、あっちのほうが気楽な印象
長塀尾根は何の目印もなく、傾斜は少々ゆるいものの、いつまで経っても着かない感じか
一言で「長い!」という印象

下りと登りを単純比較は出来ないけど、
読売新道とか笠新道を登ってるときのほうが、身体はしんどいけど気持ちは楽だった気がする

この日は常念のアップダウンでかなり心身ともにやられてたから、その影響も大きいのかな?
ま、今の正直な気持ちは、
「常念と長塀尾根にはしばらく近づきたくない!!」
です
3時間をちょっと切るくらいで徳沢園に到着
そこで、常念の上りで一緒に歩いてた(てか勝手に後ろについてた)方に出会って
おしゃべりしながら上高地まで

話してるとアタクシと同じ行程で、帰りも穂高駅まで車を取りに電車で帰るってことで
ずっと一緒に行動させてもらいました
いろいろ話が出来て楽しかったです
Mさんありがとう

さてそんなこんなで上高地バスターミナルに15時半過ぎに到着
16時45分のバスに乗って新島々、電車で松本、穂高で、今回の山行は終了


この縦走、1泊2日で行けるねんなぁというのが正直な感想
ま、しんどいですけど、
テン場問題がクリアできるなら初日に常念まで行けば2日とも8時間ちょいの行動で澄むし

今回は2泊の装備で歩いたけど、1泊の装備にしたらもうちょい楽だろうし

なんしかいい天気の中で歩けてよかった





4時半 大天井発
6時  常念小屋着
6時半 常念小屋発
7時半 常念ピーク
10時 蝶槍
10時半 蝶ヶ岳小屋着
11時 蝶ヶ岳小屋発
14時 徳沢園
15時半 上高地バスターミナル


16時半 上高地発(4号車だったので、実際の出発はもう少し遅かったと思う)
18時10分ごろ 新島々着
18時40分ごろ 新島々発
19時9分 松本発 (アナウンスで電車出発が遅れたと言ってたから、時刻表で調べると、実際には新島々の電車に乗ったら、このJRの電車には間に合わない)
20時前? 穂高駅着



[PR]

by kumonotaira | 2018-07-16 17:04 | | Comments(0)

<< 燕~常念~蝶 まとめ 燕~常念~蝶 (1) >>