人気ブログランキング |

自走で丹後半島1周 (2)   

(続き)

文字ばっかりで写真はないです


経ヶ岬、丹後半島の最北端になるんかな
ここでちょうど200kmやった
あぁやっと半分(笑)
ここでふと思い出す
あ、サイコンの残り充電量って。。。。。
調べると、残り27%。。。。。
絶対に無理(笑)

ま、サイコンにナビさせてるわけやないのでサイコン消えても大丈夫やけど
ログ残らんやん。。。。。
ま、考えても無理なもんは無理なんで、とにかくバックライト消してなるべく長持ちさせることにする


経ヶ岬、蒲入のちょっとした上りを経て、いつも体力を削られる「峠」の上り
3km弱、平均3%程度の上りなんやけど、
いつも上ってるって事に気付かずに頑張って踏んじゃって、結果、体力を消耗するんよな
なので今回は意識的にインナーでゆっくりゆっくりと





その後、伊根から宮津までは快調に飛ばす
天橋立は普段よりも人が多かったような 秋の行楽シーズンとかでしょか??

宮津からは大江山のところで話してた低いほうの峠を上る
この峠、低くてたいしたことないねんけど、いつもメチャメチャしんどい
平均7%くらいで2.5km程
しかもまっすぐな道の上りで行程の後半
としんどい要素がつまった上りなんやけど、この日は全く苦にならんかった
夕方で涼しかったからか?まだまだ行程が残っていたからか?
とにかくサクッと上って下る
この辺りで午後6時、辺りはかなり暗くなった

復路は福知山へは寄らずに大江辺りから綾部へ直接抜ける
この途中でサイコンの充電がなくなる
だいたい250km辺りやったと記憶してる

これからは速度の距離もわからない
それどころか時計はバックポケット内の携帯しかないので、走りながらは時間もわからない
なんとなくこの状況が面白く感じたので、ポケットから携帯を取り出して時間のチェックすることもナシにした

19時ごろ綾部着
メチャメチャお腹が減ったのでコンビニでカップラーメンとおにぎりを補給
にしがきで買った補給食のパンはまだ食べていなかったので、
90kmちょっとな何も補給せずに走っていたことになる
そりゃー腹も減るわなと(笑)
にしがきで買ったパンはそのまま補給食として持って走る









ここから、本当に速度も何もわからないまま走る
が、正直、サイコンも何もない状態で走るのがこんなにも気持ちがいいもんだとは思わなかった
何キロ出てようが何も関係ないので、自分が気持ち良いギアで自分が気持ち良い回転数で走る
自分では意識していなくても、知らず知らずのうちにサイコンの情報に縛られているんやなぁと実感した

ま、ロードバイクで走る以上、速度を意識したり距離を意識したり
そういう楽しみがあるのは当然だし、トレーニングっていう面があるのも当然だし
何時までに家に帰りたいとか、そういうこともあるのでサイコンが要らないとは全く思っていないけど
何の制約も受けない状態で、自分の体が求めるままに本能のままに自転車をこぐってのも
本当に気持ちよかった
これには夜っていう要素も大きいのかもしれないけど
何せメチャメチャ気持ち良かった


綾部からは最短ルートで帰るっていう選択肢もあったけど、
ただただペダリングしてるのが気持ち良かったのと、最短ルートで走ったら400kmには届かないことはわかっていたので、当初の予定通りに帰りも日吉ダム回りにした

いままでは夜といっても車がぶんぶん走る主要国道やったけど、ここからはほとんど車も通らない山へと向かう

本当に真っ暗な中、サイコンが消えて時間も何もわからない中を黙々とペダリングしてるのが
最高に”非日常”でものすごく楽しかったし気持ちよかった

もちろん、この気持ちよさには
メカトラブルにでも遭ったらかなりヤバいというリスク
そして熊ではないにしろ動物とか出てきたらどうしようかというリスク
そういうもんも共存してるのであまり人に勧められるもんじゃないけども
機会があれば皆さんも是非一回やってみては?と思いました
そんくらい気持ちよかった
夏は虫とか多くて鬱陶しいかも知れんけど(笑)

アタクシも今度は念のためにツェルトでも持って、のんびり北山辺りを1人で夜中に走ってみたいなぁと思ったり
ま、気楽な独身だからこそ可能な遊びかも知れんけど(笑)


たまに自動車とすれ違ったときに
「こんな夜中にこんな場所に車で走って何してんだ??」
と思っていたけど、今よく考えたらそんな夜中に自転車で走ってるアタクシの方がよっぽどおかしいな(笑)


そのうち中央線すらないほんまに細い峠道に差し掛かり
杉林に囲まれた、ただの肝試しやん!と思うような道を6kmほど下る
この部分は本気で怖かった
鹿も何頭も出てきたし、道端で音がするたびにビクっとして。。。。。。

ただ、そんな道でもかなりの威力を発揮してくれたのが、ヘルメットライト
アタクシ、毎日の通勤でも夜に走るときはハンドルに2つ、ヘルメットに1つライトをつけて走ってるねんけど
街中の明るい場所は良いとして、真っ暗な道(サイクリングロードとか)を走るときは
ヘルメットにつけてるライトがとても役に立つ
ハンドルのライトはハンドルの向いてる方向しか照らさないけど
ヘルメットライトなら自分が向いた方向を照らしてくれるので、メチャメチャ安心

このときも色々ライトを消して試してみたけど、
ヘルメットライトを消して走ると恐怖心しか感じなかったのに対して
ヘルメットライトのみで走ったときは恐怖心よりもワクワク感の方が勝っていたし












かなり話が脱線しましたが
その後再び国道に出て京都の市街地に出る
さて今は何時だ??と、時計を探してみたら。。。。。。
23時過ぎてました
あぁ、ほんまに夜中やなと実感

綾部がだいたい19時だったので、4時間
最短ルートやったらあと1時間ほど早く京都市内に入った感じでしょうかね

それから今回の長旅の余韻に浸りつつ、24時過ぎに帰宅

確かに疲れたけど、このペースやったら500kmとかも走れそうやなというのが正直な実感
ただ、こっからあと100km走るんやったら、仮眠が必要になるしなぁ


今回400km走ってみて、来年はブルベにも挑戦してみようかなと思ったり思わなかったり
もちろんブルベには体力だけじゃなくてブルベ特有の技術も必要になってくるから、簡単にはいかないだろうけど
やっぱ”ブルベでSR”には憧れますしね




(ルートラボ調べ)
走行距離  402km
獲得標高  4075m
行動時間  5時10分~24時15分 (19時間5分)

最低気温 4度

他のデータはガーミンが消えたのでよくわかんない


服装
ファイントラック+ジオライン中厚手+半袖ジャージ
アームウォーマー+ウィンドブレーカー+ウィンドベスト
2XU+7分丈レーパン
コーナン冬用作業手袋+軍手

とにかく寒かったけど、昼間の暑さを考えたらベストのレイヤリングやったかと思う
あと、ネックウォーマーがあれば完璧やったと思う


あと、注意点としてアタクシが使用してるGENTOSのライト類
確かカタログ上では点灯で10時間やったはずやけど
エネループだからか他の要因か?
10時間は持たなかったのもあった

夜間走行を前提とするなら、乾電池はどこでも売ってるとはいえ予備の携帯が必要
余裕をもって、4~5時間と考える方が無難だと思った


補給
菓子パン1個
おにぎり+にくまん
菓子パン1個
おにぎり+からあげ2個
菓子パン1個
アイス(スーパーカップ)+菓子パン1個
カップラーメン+おにぎり

ドリンク類は除く


思ったよりも少ないな
何カロリーなんだろう??

ちなみに消費カロリーはサイコンが消える250kmmでの時点で5000ちょっと
信頼できる数値か否かは知りませんが。。。。。。

by kumonotaira | 2013-11-04 01:38 | 自転車 | Comments(4)

Commented by やっとカメ at 2013-11-04 12:23 x
SRやってみたいですね
年齢からしてもそんなに時間がないからねぇ
私の場合・・・(;_;)
Commented by kumonotaira at 2013-11-05 20:25
やっとカメさん
SR,憧れますよね
年齢、まだ大丈夫でしょ!
最高齢のSR取得って何歳くらいなんですかねぇ????
Commented by METAL at 2013-11-09 06:27 x
400KMすんげぇー。
来年のツールドあいち,自走可能ですね。
Commented by kumonotaira at 2013-11-14 22:28
METALさん
100歩譲って自走で行けたとしても、
スタート時間には間に合いません(笑)

<< 踊る大捜査線 FINAL 自走で丹後半島1周 (1) >>