10月の走行距離   

1095km
ようやく1000km越えだよ

Zippy練とツールドあいちが効いたな
と思ったけど、GF糸魚川もこの月やってんな

てことは、走ってない週末は1回だけってことで
やっぱり、週末に走るとそこそこの距離になるもんね


でもまぁ、今年の合計はまだ7500くらいだし
今年は1万は絶対に無理ね。。。。。





と、話しかわって、ハンドル替えました
ちーと前に注文してて、ツールドあいちに間に合うかなぁと思っててんけど・・・・・


FSAのなんとかいうやつ(笑)

元々、アナトミックタイプが付いてて
e0171018_21403622.jpg



そないに不満はなかってんけど
下ハン持ったときにブレーキに手が届きにくくて
そんで、ハンドルをちょっと前にしゃくって取り付けてたんですね

んで、この前お店に別の用事で行ってそんなことを話してたら
このハンドルを勧められて
e0171018_21403293.jpg


ハンドルが持ちやすくなるんだったらってことで、一回替えてみようかと
アナトミックシャローだとか、コンパクトだとかいわれるタイプらしいです


アナトミックの下ハンの直線部分がなくなって、肩の部分から小さなアールで下ハンに向かって伸びてる
そんな感じでしょうか


あと、このハンドルは上ハンのフラットの部分が少し平らになってて
長時間手を置いてても痛くなりにくくなってる
肩の部分はアールが緩やかになってるみたい
そして上ハンよりも左右10mmずつ、下ハンの方が広くなってる
どうも、下ハンが握りやすい形だそうです



とりあえず数日間通勤で乗ってみました

確かに下ハンは持ちやすくなってる
下ハンが広がってることも要因だろうし
上ハンとの落差も小さくなってるってこともあってか、とにかく持ちやすくて
割と長い時間持ってても疲れない
ま、その反面、下ハンを持った効果っていうもんは薄れてる気もしますが。。。。。
ま、持ってて疲れないってのは良いことだし

そして上ハンのフラット部分が平らになってるおかげで
その部分に腕を置いて状態を寝かして走るのがすげー安定する
これも良い点ですな

平らになったことで手が痛くなりにくい
これに関しては通勤の1時間程度しか乗ってないので、効果は全くわからん
ただ、平らになっててその分少し太くなってる上ハン
握るととてつもなく気持ち悪いです(笑)

そしてアールが緩くなった肩
これもとてつもなく気持ち悪い!
良し悪しはおいといて、本気で気持ち悪い

慣れたら大丈夫になるのか、慣れることはないのか・・・・・・・

そしていままでと同じようにクッション性の高いバーテープを使ったんだけど、
ハンドルが若干太くなったことと相まって、気持ち悪いほどに太い!
これに関しても気持ち悪い!!

ま、気持ち悪いだけで逆効果になってるわけではないのでまぁいいねんけど
(長時間乗ってみんとわからんよな)


ただ、このハンドル、なんとなくやけどリーチが短くなってるみたいなんよね
おそらくその面は完全にマイナス
ブラケットの握った状態でのエアロポジションってか、上体を寝かして走るのがメチャメチャやりにくい
アタクシ、その姿勢を良くとるもんでね
これはイマイチな点ですね


と、イロイロ感じましたが、
ハンドルを替えたおかげでいろんなことが見えてきたんで
次回交換するときは(いつの話だ・・・・)もっと自分に合ったのんを選べるんではないか?
と、思います
[PR]

by kumonotaira | 2013-10-31 22:01 | 自転車 | Comments(0)

<< 自走で丹後半島1周 (1) ツールドあいち 揖斐 池田山 >>