人気ブログランキング |

新穂高~槍~西穂高(1)   

前にも書いてた気もしますが
やり~ほだかの縦走してきました

とにかく、やり~ほだかを一気に歩きたくて

この秋シーズンの3連休
新穂高から入山して槍~西穂
難所はいっぱいありますが、一番の難所は
「無料駐車場に停められるか?」
そして次は、
「テン場が空いてるか?」

まぁルートは、ロストせん限り大丈夫でしょ
ってことで

e0171018_21384311.jpg




3連休前日
仕事が終わり次第山へ出発!
新穂高の無料P争奪戦に勝つために頑張って走りますが、
八日市~彦根間の災害復旧通行止めによる下道の渋滞に巻き込まれ・・・・・
新穂高に着いたのは22時

当然のように満車の看板が立っており
恐る恐る駐車場に入ってみるものの、満車・・・・・
奥へ奥へ進むと何とか数台分は空いてる!
ソッコーで停めて寝ますよ

いや~なんとか停められて良かった!!
有料Pなんかになったら、2泊3日、1人でいくら払うことになるのやら。。。。。。。




4時起床
工事中なんか知らんけど簡易トイレで用をたして、5時半出発
ゲートのすぐ前の有料Pはまだ閉まったままでした
5時に開くって聞いたことあるねんけど、この日は開いてませんでしたね

林道を歩いて白出沢出合まで1時間ちょい
まーいいペース
途中なんだかすげーいいペースで歩くカップルを見つけます
結局このカップルとは最終日に一緒にロープに乗ってイロイロお話を聞きますが、ま、それはおいといて

とちゅうなんかすげー速いペースで歩く若者集団がいて
おぉ、若いってすげーな!
と思って見てましたが、1時間ほどで一気にペースダウン・・・・・・
お盆にも思ったけど、自分のペースってもんがわからん子が多いね、最近
ま、バテても何でも良いですが、ケガだけはせんように気をつけていただきたいもんです


e0171018_220289.jpg

槍平のこや
こっから登りが始まるらしい

e0171018_2201315.jpg

登っていくと笠もよく見えるようになり

e0171018_2201734.jpg

千丈との分岐にある有名な救急箱
こっから一気に標高を上げていきます


さて今回は岩場ってこともあるし
お盆の縦走で荷物の重さに嫌気がさしたので、今回は出来るだけ軽くしてみた
ザックも38Lにした
秋のテント2泊、38Lじゃ無理かなぁ。。。。
と思ってましたが、なんのなんの、ヨユーで入りました
ちと余裕があったのでおでんとか入れちゃったり焼酎も500mlだけやけど担いで
それでも水抜きで12キロくらい

ま、もっと軽くしたらいいねんけど、それでも普段の自分の荷物よりとっても軽いので
この最後の飛騨沢の登りもわりと余裕で歩けた
やっぱね、軽いのは正義ですよ
ラクなのはいい(笑)



e0171018_2202194.jpg

飛騨乗越
ここまでくれば槍は目の前


e0171018_2210055.jpg

やりっ!
新穂高から6時間弱
これ、日帰り装備で歩いたら、槍の日帰りってそんなに難しいことじゃないよな
と思う

e0171018_22181061.jpg

西鎌の縦走路ですかね
また歩きたい!


せっかく槍についたし、テン場も空いてるし!天気も良いし!
と好条件は重なってるものの
ん~なんか登るのは面倒だなぁ。。。。混んでるみたいだし
ってことで、とっとと先へ進むことにします
まー、槍~穂高の縦走が目的なんで、槍に登るのは目的じゃないし(笑)

槍~南岳の縦走路はのんびりお散歩コース

e0171018_22213573.jpg

e0171018_22214098.jpg

e0171018_22214556.jpg

e0171018_22215846.jpg

e0171018_2222263.jpg

e0171018_2222993.jpg



と思ってましたが、基本的に高度に弱いアタクシ
初日ってこともあって軽い頭痛に悩まされながら
思ったよりもヘロヘロになって14時ごろに南岳のテン場着

e0171018_22251320.jpg

南岳は風が強いのか?
テン場にいくつか風防的なもんがありました

e0171018_22261044.jpg





途中でお話したトレランの方
新穂高から入って槍~北穂と通って涸沢でテン泊の予定だったとか・・・・・・
結局トラブルで涸沢は断念されましたが、
トレランの人って登山者とは持ってる時計が全くちゃいますね(笑)




新穂高発  5時半
滝谷  7時40分
槍平小屋  8時15分
千丈分岐(救急箱)  10時
飛騨乗越  11時
槍  11時15分
南岳小屋  14時

by kumonotaira | 2013-09-24 22:30 | | Comments(0)

<< 新穂高~槍~西穂高(2) サイロの状態 >>