人気ブログランキング |

己と向き合う   

高校の時の部活の友達から年賀状が来まして
とある障害者スポーツ(スポーツって言うジャンルに入るんかはよく知らんが)
の日本代表の監督になったと

おぉ、何年か前にコーチになったと聞いてたけど、ついに監督かぁ

彼の職業は作業療法士(やったかな?)で身体に障害を持つ子供の施設で働いてて
その中でそのスポーツに出会って・・・・・


ただ、ここでは
おめでとう!がんばれよ!
ということをただ単に言いたいわけではなくて





かれは健常者なので、そのスポーツも施設に入るまでは未経験

その中で、障害者スポーツなのでもちろん競技人口も少なければ指導者も少ないとはいえ
ここまでくるのにはおそらく苦労やいろんなことがあったんやと思います



が、リハビリ士になるための学生時代に、詳しくは書かないけどもかなり辛いことがあって大きな壁にぶつかった

そのときに多少は自暴自棄になりつつも、自分と向き合い、自分をさらけ出し、乗り越えた

やっぱね、そういう壁を越えてきた人ってのは強いなぁと、今回思ったわけです
ありのままの自分を格好つけないで見つめて、認めて、克服するってのはかなり辛いことやし
変に格好つけて、ごまかして生きるほうがなんぼかラク

アタクシは変に要領がいいこともあって、うまいことすり抜けながら生きてきたという意識があるので
今回の彼の報告を聞くと、おめでとうという気持ちと共に、正直、嫉妬心みたいなもんも抱くわけです

あんときに辛い思いをして、寄り道して、でもそれを乗り越えた分
大きく成長したんかなぁと

ま、アタクシが別に何をしたわけでもないのにちっと上から目線で、成長を喜んでみましたが(笑)

とにかく、己と真正面から向き合い、真正面からぶつかって乗り越えた人間は、強いし大きいなぁと
思った年始のひと時でした



ん~
にしても、やっぱりあいつがそんな立場になれるなんて
やっぱ、ちっと嫉妬する(笑)

by kumonotaira | 2013-01-10 23:06 | 日常 | Comments(0)

<< パーマネント野ばら おもったこと >>