人気ブログランキング |

聯合艦隊司令長官 山本五十六   

久しぶりに映画館へ
これでまたポイントが貯まったので、無料券を貰ったんやけど、次は何を観に行こう?

と、先のことはおいといて

聯合艦隊司令長官 山本五十六  ですね

アタクシ、太平洋戦争前後の日本史とかその辺りには少し興味がありまして
その中でも山本五十六さんは
戦争反対ながらも、開戦後は成功を収め
でも、なるべく有利な状況で講和を目指してたとか

いろんな話を聞いたことがあったのでこの人物には結構興味があった
なので、映画になったんで観に行ってみました

主演は役所広司



ま、アタクシの好きな
「邦画における日本人の演技」
ということをあれこれと述べる映画ではないので、そこは置いといて

歴史映画なので、結末にワクワクすることもない、てか、結末は周知の事実だし(笑)

五十六さんの映画で、基本的に五十六さんの反戦の姿勢とかそういうもんを描いた映画なので
五十六さんはものすごく素晴らしく描かれてます
ただ、そういう部分を差し引いて見てみても、やはり五十六さんは魅力的な人物でしたね
太平洋戦争の表の部分
それ以外の部分にも少し触れることが出来て、良かったですね

そして、昔、連合艦隊という映画がありましたが
(中井貴一のデビュー作なんで、ほんとに昔の映画)
その頃の映像と比べると、CG技術の発達がよくわかって面白い
その昔の映画技術では絶対に撮れないようなアングルの映像が満載で
そういう面から観てみても面白いです

ほんで、五十六さんの映画なんで、五十六さんの死後は当たり前のように端折られてます
連合艦隊の最後とか、大和の最後とか
そーゆー面は描かれてないので、連合艦隊の映画としてみたら拍子抜けしますが
ま、五十六さんの映画なんでしゃーないですね

と、最後のナレーションで耳に残った部分がありますが
太平洋戦争での日本人の死者のほとんどが五十六さんの死後の死者である と

ま、原爆とか東京大空襲とかがあるので当然といえば当然かもしれんけども
この映画を見たあとの感想としては、五十六さんが生きてたら被害ももっと少なかったのかも
と、期待を抱いてしまうのは仕方ないことかもしれないですね


さて、この映画で結構よく出てきた、ゼロ戦のパイロット
結構若手なんやけどもなんか見たことある顔やな~と

で、帰ってから調べてみたら五十嵐隼士 とのこと
誰?って思ったけど、思い出した

「乾燥注意報」
で、ゆきりんの相手役してた男の人やん~

いや~、役者やってんね(笑)


そして、イージスにも出てたけども
吉田栄作
こういう、戦艦の映画によく出てくるね
なんででしょ?

by kumonotaira | 2012-01-15 22:18 | ら行 | Comments(0)

<< THE LAST MESSAG... ユメ >>