人気ブログランキング |

ゲロッパ   

西田敏行主演の2003年の映画
常盤貴子とか山本太郎とかが出てる

なんとなーく予告とか見てて、西田敏行が踊ったりヤクザっぽいこととかしてるシーンを見て
「ん~、ありがち ベタベタで面白くなさそう」
って思って今まで見ることはなかった
井筒監督もあまり好きじゃないし

が、暇だし撮り貯めしといた分を見てみた

ら、面白い



いや、確かにベタベタでありがちなストーリー、内容
しかも、あ~西田敏行から想像するにこんな感じ
っていうそのものでした

が、それでも面白かったし、いい映画やった

ありがちなドタバタ劇なんやけど上手いことまとまってる
どんでん返し的な部分はないけども、それが逆に安心して見れるし安心して笑えるということに繋がってる
ケチを付け出したらあふれるほどありそうやけど、まーそんなことしないで気楽に見るのがベストかな

そして、効いてるのが常盤貴子やと思う

常盤貴子はきれいやけども役者としてしっかりしてるというか、アタクシはかなり評価してます
砕けるところ砕けた演技が出来るし
そして彼女は何処の出身か知らんけども、関西弁が上手くしゃべれてると思う
なんちゅうか、はっきりと喋らんあたりがすごい違和感なく聞ける

そして西田敏行も関西人やないけどもないとスクープの局長とかしてるだけあって、イントネーションはちと変だけどもあまり違和感ない関西弁
山本太郎は確かこっちの人やし

って、言葉の話になっちゃったので映画の話に戻すと
とにかく常盤貴子が効いてたと思う
この役が他の女優さんやったらここまでこの映画が上手いことまとまらんかったんやないかな?

長塚圭史も良かったね
てか、この2人はこれがきっかけで結婚したみたいね

まー、それはいいとして
この映画は安心して観て、安心して笑って、安心して感動できる、それでいて重くない
かなりお勧めな映画やと思います

いや~、ほんと、いい意味で期待を裏切られましたね

by kumonotaira | 2010-11-14 00:11 | か行 | Comments(0)

<< 最高の人生の見つけ方 燃ゆるとき >>