海猿 (1)と(2)   

1とか2とかのタイトルやないですが、わかりやすいので

(3)がロードショーってなことで、テレビで放送してたやつを録画して一気見

(1)の続編がテレビドラマで、そのごが(2)、(3)となるみたいで、(1)と(2)を一気見したら少し内容が飛んでる感じはありました
が、ま、気にしなければ気にならんレベル
ただ、(1)を見ないで(2)を見ると話はわかりにくいかも
というのは、(2)は序章がなくていきなり内容に入る、という感じなんで



さてたびたび書きますが、アタクシにとってはこの手の映画は映画ではない
テレビ局やテレビドラマと連動してる映画ってのはやっぱり「映画」感が感じられないんよね
「踊る~」とか「トリック」とかもそんな感じ
あと、シリーズ物の映画もそういう感じがする

ただ、映画ではない!とはいうものの、この海猿は面白かったですね
上手く作られてて、のっけから飽きることなく映画にのめりこめました
ま、ストーリーはメチャメチャベタですが、面白い

とくに(2)はベタですね
(1)はまだ本格的な救助の話になってないだけにベタ感が薄くて特に面白かった
先にも書いたけど、(2)はいきなり本題に入ってる感があるのは良いんやけども、1つの救助で最初から最後まで話が進むので、ちと間延びした感じがあったかな?

特に「名作だ!!」という感じはない(ま、個人の好み問題が大きいけど)
でも、面白い映画だということには変わりないと思う

あと、(3)の宣伝のために放送されてたので、話の結末がわかってしまってたのは少し残念なところでしたね
たとえば、(3)に仙崎(主人公)が出演してるんだから、(1)や(2)で死ぬわけがないとか、(3)で環菜と結婚してるんやから別れてるはずがないとか(笑)

ま、その辺りはお金払って映画館で見てないんやから仕方ないところですね。。。。。。。


あとま、全体的に面白かったんやけど1つ気になった部分が
(2)の最後のほうで煙突みたいなところの長いはしごに登るシーン
その時点で船は相当傾いてるわけやから、垂直にはしごを登るのはおかしくないかい???
意地悪ですが、そこがすげー違和感を感じました

ま、全体としては面白かったしお勧めってことで
(3)はいつ頃テレビで放送してくれるんでしょうなぁ。。。。。。(笑)



あと、関係ないけど加藤あい

アタクシは昔ロッテリアで働いてまして
その頃に加藤あいがロッテリアのイメージキャラクターになって、
「ふ~ん、こんな娘おるんや」と思ってポスターとか見てたわけやけど、
その頃から思えば加藤あいも大人になったなぁと少し昔を懐かしんでみました

その頃「このポスター貼り替える時はください」
ってお店に来るお客さんが何人かいたなぁ
そのポスターもそこそこプレミアとかついてるんかなぁ?
とか思ったりしますね

ほんと、関係ない話ですが
[PR]

by kumonotaira | 2010-10-11 16:31 | あ行 | Comments(0)

<< The焼肉ムービー プルコギ 日本沈没 >>