人気ブログランキング |

大峯奥駆道 縦走 (3)   

5月1日(土)

5時半ごろあまりに寒くて起きる
e0171018_21551667.jpg
e0171018_21552454.jpg

テントの水も軽く凍ってて
外に出ると霧氷霧氷霧氷また霧氷・・・・・・・

寒すぎます
#5・・・・・・失敗






e0171018_21572546.jpg

e0171018_21574061.jpg

八経ヶ岳も、そっから下りても霧氷だらけ
キレイ
でも寒い

e0171018_2159172.jpg

烏の水も結構出てた
やっぱGWは水事情がいい

e0171018_2202999.jpg

釈迦ヶ岳
その前の急登は厳しかったけど、その前の難所は大したことなかった
てか、実際には難所ではないんやろうけども、去年のアタクシはめちゃめちゃ怖くて難所に思えたのでした
シュラフマットとかもいつも通りの下に横向けに付けたままでも通過できた
ストックも出したままでOKだった

深仙の宿の水はチョロチョロ
隠し水は枯れてた
出会ったほとんどの人がテント無しやったので、ほとんどの人が二蔵~行者還~深仙のパターンやった

e0171018_2243284.jpg

さて、ここから南奥駆
誰に聞いても南奥駆は厳しいとか、すべてのピークを通るとか
さぁ、どうなるのか楽しみと不安と・・・・・・・・

e0171018_227439.jpg
e0171018_2275173.jpg
e0171018_228060.jpg


e0171018_2283018.jpg

歩いてきた釈迦の稜線を振り返る

e0171018_2291645.jpg

天狗の稽古場
ここら辺りにはこういう感じの幕営適地がそこそこあった
ただ、この日は風が強くて吹きっさらしの場所は不安

e0171018_22104214.jpg

奥駆中にいくつかある地蔵岳(笑)

e0171018_22112877.jpg

悩みに悩んでここで幕営
テン場でもない場所で張るのははじめてかも
この日ももーちょい頑張ろうかどうしようかと思っててんけど、近くで設営してる人を見つけて幕営を決心
こーゆー時の決断力がちょっと足りませんな、アタクシは


南奥駆に踏み入れたらとにかくピークを踏みまくり
噂は本当やな~と
寒さはだんだんと和らいできたけども、風は相変わらずきつい一日やった

楊枝の小屋で関東から来たようなおっさんと話すが、このおっさんアカン・・・・・・
下調べも足らんし、その上、なんでも人のせいにするし・・・・・
こーゆー人にはならんようにせんと(笑)
歩くペースも激遅みたいやったし、このおっさんは完走できたんでしょかね?


本日の行動時間 10時間50分

5時半ごろ? 起床
6時50分 出発
7時20分 八経ヶ岳
7時40分 狼平分岐
9時15分 舟のタワ
10時半 楊枝の小屋発(補給込み)
11時40分 烏の水
13時 釈迦ヶ岳
14時10分 深仙の宿発(補給込み)
14時40分 太古の辻(北奥駆と南奥駆の分岐点)
15時15分 石楠花岳
15時40分 天狗山
16時15分 嫁越峠
16時40分 地蔵岳
17時40分 涅槃岳手前で幕営

by kumonotaira | 2010-05-05 22:22 | | Comments(0)

<< 大峯奥駆道 縦走 (4) 大峯奥駆道 縦走 (2) >>