舟を編む   

松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー
その他、加藤剛、小林薫などが出ています

まじめな男が辞書編集部に配属されて
十数年かけて辞書を作り、成長していく
という話かな

オダギリジョーだけがチャラいい感じというか、そういう感じですが
映画全体、登場人物ともに静かで穏やか

日本アカデミー賞とか総なめにした映画らしいけど
そうなのか??と思える
いい映画
なのかどうかは良くわからないというのが正直な感想

ただ、アタクシは好き



なんかね、心地良いんですよね
静かで、特に大騒ぎするような事件も起きないで

なので、退屈な映画かもしれない
でも、本当に心地良いんです

松田龍平と宮崎あおいの恋話とかも心地いいし
周りの俳優陣も目立たないのにしっかりしてる
良いんですよ

てか、周りを取り囲む俳優陣がしっかりしている
なんていうけど
若手の松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョーも周りのサポートが必要なレベルの俳優じゃないねんけどね(笑)
よく考えたら豪華過ぎんだろ!と思えるくらい


化粧が派手なオダギリジョーの彼女役の子もよく見たら、池脇千鶴じゃないか!
声でわかった

いや~やっぱり豪華ですよ


なので、良い映画かどうかはよくわからんが
雰囲気的に大好きな映画
出演陣もいい



松田龍平って良い役者になったよなぁと思う
最初はなんかいまいちやと思っていたけど
完全にアタクシの目が節穴でしたな(笑)

あと、宮崎あおいは演技がいいのかどうか未だにわかんない
ただ、宮崎あおいが出てくると雰囲気的に好き
それはやっぱり、いいのかもしんない
[PR]

by kumonotaira | 2014-06-22 16:49 | は行 | Comments(0)

<< 完全に忘れてる 真夏の方程式 >>