タンポポ   

伊丹十三の昔の作品
お葬式の次かな?
アタクシのとても好きな映画です

メインのストーリーは、宮本信子がやってる街の寂れたラーメン屋
それを山崎努と渡辺謙、その他数人が街一番のラーメン屋にする
という話

サブストーリーとして
役所広司演じるヤクザの食に関するエピソード
そしてそれ以外の食に関するエピソード
これらが別に絡み合うこともなく、存在する

そんな映画



まー見てどうなるわけでもない映画ですが、好きなんですよね

伊丹映画の原点と思えるような作品だし
(お葬式はあんまりそういう感じがしない)

オムライスの上のたまご
ふわふわオムレツを載せてナイフで切る
そういうオムライスはこの映画発祥という噂も聞いたことありますし
(真偽はしりません))

宮本信子も山崎努も渡辺謙も若いし
役所広司なんか清志郎みたいなメイクしてるし
ほんま、面白い

特に山崎努は
前日に藁の盾を見て、その老人っぷりを見てきただけに
この若い山崎努は、ほんと、若い(笑)


映画ってか、エンターテイメントですね
サブストーリーなんか、何の意味があるのか未だに理解できないし
この映画、面白くて好き
[PR]

by kumonotaira | 2013-05-19 19:34 | た行 | Comments(0)

<< 金蔵寺~妙見山~るり渓 藁の盾 わらのたて >>