テルマ&ルイーズ   

洋画です
詳しくは知りませんが、かなり昔の洋画

アタクシが何でこんな洋画を観たかというと、

アタクシが高校生の頃に好きだったマンガ
「リビングゲーム」
で、主人公の一角(いずみ)ちゃんがこのテルマ&ルイーズのレーザーディスク(懐かしい・・・)
を借りてきて観る(たぶん)
というシーンがあって、それでこのタイトルを記憶してただけ

なんとなく記憶してたので、この正月にテレビで放映してたんを録画して観てみた
というだけだったりします(笑)

なので、はやった映画やったんか否かは知りませぬ



さて内容

30代くらい?の女性2人がバカンスに出かけて
その途中で正当防衛(とは言いがたいが)的に殺人を犯してしまう
そして逃走劇がはじまるけども、その逃走劇をコミカルかつ痛快に描き出す

という感じかな?
確かに痛快です
ただ、最後は悲しい感じもあります


でも、なんとなく描き方に何か訴えるものがあるような気がして
イロイロ評判を見てみたら

メインのテーマに「フェミニズム」があるみたい

確かに、夫に支配されていた主婦がレイプされそうになり、殺人を犯し
その後も性差別的なものに対抗しながら、自己を開放していく
でも最後は打ち勝つことは出来ずに散る

という感じかな

うん、そういう視点から観るとまた色々感じることが出来る映画かもしれません

観終わって、良い映画やったと思いますね
テンポもいいし、でも、心に引っかかるものもあるし
うん、良い映画



そしてもう1つ興味深い?事が

ブラッドピットが出てます

ブラッドピットの出世作といえば
「リバーランズスルーイット」
が思いつきますが

どうやら、この「テルマ&ルイーズ」で注目されて、その後の映画で活躍するようになったとか
この映画のギャラはたったの6000$とのこと
この映画に出て注目されるようになって生活も安定したとのこと

ま、その辺の真偽は知りませんが、まだ有名になる前の「ブラッドピット」が観れる映画っていうことですね

まーイロイロと楽しめる映画でした

ただ、フェミニズムとか宗教とか、洋画は日本人にはわかりにくい深いテーマがあるものも多いですな
[PR]

by kumonotaira | 2012-01-09 22:58 | た行 | Comments(0)

<< そうだ 金環食だ 踊る大走査線 (3つめのやつ) >>