時をかける少女   

原田知世の実写のやつじゃなくて
仲里依紗が声優をしているアニメ版のやつ

どういう風に描いてるんかなぁ~?と思ってみて見ましたが
映画版とは全く別のストーリーでした

核となる部分「タイムスリップしたり、未来から人が来たり」は共通してますが
他のストーリーは全く別物
ま、核となる部分まで変わったら、原作は同じとも言えないしな(笑)

んで、内容ですが
実写版とは時代も違うので単純比較は出来ませんが
アニメ版の方が面白いですね

実写版の時代でこの映画を実写で撮るとなると、技術的にかなり無理があったんやろうなぁ
と思わせる内容でしたが
今の時代にアニメ版で撮るほうが絶対に正解やな、と思いましたね



んで、ストーリー
このアニメ版の方が面白いんですよ
序盤なんかは、せっかくのタイムスリップ(アニメ版ではタイムリープと呼んでる)を、
こんなしょうもないことに使うんかい!!
ってな感じでストーリーが進みます

その辺りが軽い感じで面白い
やっぱストーリーが現代に合ってて、アタクシの好みも現代の方が好きなんでしょな

んで、ストーリーが進んでいくにつれて考えさせられる部分も多くて
最終的にはいい話やったなぁと思わせる内容でした

調べてみたら、この映画は最初はミニシアター系で上映やったみたいやねんけど
意外と評判が良くて徐々に噂になってロングランになったらしい
それも納得やなと思える映画でした


そんでー、仲里依紗
この子、意外と声優としても良いねんなぁ
すげー合ってた
軽い感じ、でもしっかりとした感じ
なんちゅうか、上手いこと表現できませんが、この子は上手いと思ったよ

そして相手役は石田卓也やってんね
2人とも安心して映画に集中できましたよ


とにかく
時をかける少女

アニメ版の方がお勧め!

くだらなくて、面白くて、でもしっかりとした内容があって
良い映画でした
[PR]

by kumonotaira | 2011-11-15 22:47 | た行 | Comments(0)

<< 硫黄島からの手紙 大正池~サイロ泉大橋 >>