トニー滝谷   

出演はイッセー尾形と宮沢りえ
ナレーションは西島秀俊

朗読劇に映像を足した映画という感じでしょうか?

物語は、アタクシはイマイチ理解できませんでした
だからどうしたの???
と思う感じ

ただ、宮沢りえとイッセー尾形の出す雰囲気
これが演技力というものでしょうか?
あと、西島秀俊の声

そして映像の美しさというか



そーゆーもんはかなり心地よく引き込まれた
PVというか、そーゆーもんを観てたという感じかなぁ
なんとなく、朗読劇とは違うものの、観てた感じは「花とアリス」に似た感じかなぁ

ただ、描いてるものは大きく違って、トニー滝谷から感じたのはやっぱ喪失感でしょうか?
数回観たらまた違ったものが見えてくるのかもしれませんが、数回は観ないかな(笑)

宮沢りえは良かったですよ
ただ、個人的にあまり好みではない

これが好みの女優さんなら数回観たかも(笑)

ただ、宮沢りえは良かった
[PR]

by kumonotaira | 2009-07-19 17:50 | た行 | Comments(0)

<< 気球クラブ、その後 誰がために >>